家族から貰って嬉しかった贈り物

彼からギフトをもらうとしたら、自分の趣味や、ピクニックなど、私のことを考えてくれたものがうれしいです。
例えば、常々で言えば、単独のタイミングがわたしにはありません。常にこどもと共にいらっしゃる。
そういうわたしを大変、頑張ってくれてるという言葉だけも嬉しいですが、幼児を連れて赴きわたしに単独のタイミングをギフトできるだけでも、賃金も掛からないし、嬉しいと思えます。
あとは、趣味を理解してくれて、趣味の機材を買って受け取る仕事場。
ポッケはわたしがかんりしてるので、実にできないとは思いますが、そんな中で、自分でせっせと賃金をためて私のためにつかって受け取ることが嬉しいです。

子供達だと、何をしてくれても素晴らしい気がします
とくに、子供は一年中わたしにレターや、挿絵を書いてくれて
私のみ広く好ましく描いてくれていらっしゃる。
おかぁ様にギフト!と言って渡してもらえる。見返りを求めない幼児にプレゼントされると、何でも有り難い気がします。
一年中、おかぁ様かわいがりてる、お気に入り!
あんな言葉のみでも、自分のおなかを痛めて産んです幼児ができる、言って得るものはパパはべつものですね。
あとは、幼児の開発を感じる状況が自分の至福。
ギフトとは違うは思いますが、毎日がわたしにとりまして元気でいて受け取る幼児のギフトだ。
痛い情熱を通じてよかったといった思えます。
いよいよ各種ことを一緒にできるようになるそれだけも、一年中ギフトをもらってる気分になります。
おそらく、世間の父兄もそうではないでしょうか?
一年中養育が大変ですが、そんな事があって一緒に成長したり喜んだりできるのではないでしょうか。

わたしにはそんな常々が何よりのギフトにおもえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です